ガリバルディの沈没日誌

2011年11月29日

帰還予告。

年に1回更新♪(ぇ

少しパワーが充填された気がするので近日中に復帰してみようかと考えております。
まあ、たまにネカフェなんかからinしてはいたんですけどね。
(とは言えネカフェから入った感想はあまり思わしくないものであったり。そんなブツクサを追記部分に)

しかし、何はともあれまだ生きてる知り合いがいたらよろしくなりよ。

» 続きを読む
2010年01月09日

航海日誌 ~2010年海の旅 #01

さて、新年だし去年から滞ってる更新をしてみようと思ったのですが、
あらー
こんな感じです。
あやー。

ほっこりー
なのでほっこり適当に。
いやまあちゃんとした更新内容をもとめている人はこんなとこ見ないよね。
と書いて思い出したけど大分前に昔このblog見てたって方に遭遇。
しっぽが気になるお年頃
しかし、しっぽ着ぐるみ服を着ている幼女に気を取られて一緒に見入ってるSSしかないっ(隣のツインテール幼女さまがくだんの方)
ロリコンは病気です!


で、それは置いておいて、前回更新から今回までの間にあったことを曖昧な記憶からサルベージして参りましょう。

1.ヴェネツィアに帰国した。
わんこ
ついでに2回目のヴェネツィアイベントもこなした。
このジュリアンの横のわんこいいよね。

ヴェネツィア、フランス、ネーデルランドのイベントは最後に紋章以外の記念品ももらえるのですがそれを比べてみる。
ヴェネツィア
フランス
ネーデルランド
ジュリアンの指環がまあ一番実用的かな。何にせよ記念品ですね。指揮杖すらアクセサリーでオシャレ装備にもならないし。

2.色々イベントがあった(様な気がする)
イスタンブルにて
イスタンブルにはいなくても良かったんじゃ・・・。
海戦パートにはCafeチームのお世話になりました。艦隊はRakogo、チェの両兄兄先生とろべさんのBLaCっぽい艦隊で。(SS無しw)

アグネスが!
少女音楽隊がアグネスの弾圧で規模縮小。

あー最初のSSもニューイヤーイベントかな。
何にせよ少年使節のイベントが長期にわたって開催されてましたね。

3.El Orienteがやってきた。
ソーデースカ

ガリバルディは
ぎっちり
連環の計にかかり、暫く動けませんでしたが
いぇー
造船R16になって解放。

ジパング特産の触手
どうでもいいけどオリエンテ実装後よくこのクトゥルフの落とし仔に出遭うようになった。既に3回か4回・・・。
やはりジパングのイメージは触手って事なのだろうか。


超適当ながらこんな感じ。
あー、あとドロテアが沈没船を100隻あげて
サルベージ称号
シップレックハンターの称号をゲット。あんまり意味はない。
しかし105,6隻あげている現在まで、未だ幽霊船は当たらず。何か条件があるのでしょうかねー。

では今回はこのあたりで終了。今度は間を開けずに更新するとか、そんなことは言わない(誠実)。
西瓜

2010年01月01日

新年のご挨拶

あこ。

相変わらず更新していない現状ですが、今年はもう少し更新したいと思っております。
皆さまがよい風に恵まれますように。

                                        ガリバルディ

2009年11月07日

帰ってきた航海日誌 フランス編

と言うことでおフランスでございます。
時代的にはヴァロア朝ですね。本来なら大国なんですがこのゲーム的には少し不遇なイメージですな。

フランスイベントと言えばまず重要な登場人物として思い浮かぶのがジュリアン。
しかし、「ロリコンは病気です!」でお馴染みのJulian卿ではなくて
ジュリアン
このジュリアンです。
Julian卿と同じく口説きストではあるようですがロリではない模様(推定)。

そんな(?)ジュリアンを軸として展開するフランスイベントを駆け抜けて思ったことなどを適当に・・・

» 続きを読む
2009年11月02日

帰ってきた航海日誌 イングランド編

God save the Queen!
とりあえず今のところ、もっとも存在感のあった君主はイングランドの女王陛下であらせられますにゃ。
良くも悪くも。

とこで! 結局イングランド編も完走いたしました。
ドロテアもやってるから3回目ですよ・・・。

では行ってみよー

» 続きを読む
Made with dreamweaverMade with fireworksPowered by Movable Type 3.122-jaPowered by Wandering Wind
Copyright : [Articles] (C) ガリバルディの沈没日誌 All Rights Reserved.
[Comments/Trackbacks] ... Authors of those have rights.